PAGE TOP

HOME ≫ セラミド分析

セラミド分析


皮膚のバリア機能・保湿効果を担っているセラミドは、食品・化粧品・医療分野で大きな注目を浴びています。
食品に用いられる植物由来のセラミドは、セラミド残基に糖が結合した糖セラミド(グルコシルセラミド)として存在します。当分析センターでは、糖セラミドの定量試験を受託しています。
一方、植物由来のセラミドと異なり、ヒト角質層に存在するのは、糖鎖のないセラミドです。皮膚のバリア機能・保湿効果改善を確認するためには、皮膚角質層のセラミド量を分析することが検証手段のひとつとなります。当分析センターでは、角質層からセラミドを単離し、グループ(タイプ)別にその有無を調査することができます。


<糖セラミド定量試験>
食品、食品添加物等の糖セラミドの含量試験を承ります。
試験方法: LC/MS
納期: 3週間程度
費用: 6万円~(抽出費用、標準品購入費除く)
標準品はお客様でご用意いただくか、別途以下の中からご選択いただきます。

1 6 こんにゃく
2 トウモロコシ 7 舞茸
3 大豆 8 たもぎ茸
4 小麦 9 ミルク
5 ビート 10 酢酸菌

※本試験は、平成24年度 ぐんま新技術・新製品開発推進補助金(市町村・県パートナーシップ支援型)【開発テーマ: LC/MSを用いた食品及びその素材中のセラミド分析法の開発】に採択され、それに伴いさらに高度な技術やノウハウを開発しました。(下記参照)


<セラミド定性試験>
本試験は、ヒトや動物の皮膚に存在する300種類以上のセラミドを可能な限りグループ別に分類し、同一被験者におけるセラミド類(グループ)の有無を確認する定性試験です。皮膚のバリア機能・保湿効果改善において、セラミドが関連していると推定される場合には、その効果を確認することができます。
試験方法: LC/MS
納期: 3週間~(初めてご依頼の場合には4週間~)
費用: お問合せください。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。


※平成24年度 沼田市ぐんま新技術・新製品開発推進補助金事業実績
LC/MSを用いた食品及びその素材中の糖セラミド分析法・・・雪国アグリ(株)


食品及びその素材中の糖セラミドには、摂取による皮膚のバリア機能・保湿効果改善等、人体への有効性が実証されている。

糖セラミドには多用な分子種が存在しているが、どの分子種にどのような機能があるかは明らかにされていない。
そこで、簡単な方法で新しい食品素材中の有用なセラミドを見出すことができるようになれば、健康食品分野での利用や、廃棄されている食品素材の有効利用につながり、食品産業に多大な貢献をもたらすことができる。
        ⇩
以下の3つの技術・ノウハウを開発

①食品及びその素材中に存在する糖セラミド類を高収率で抽出する
②得られた糖セラミド類を精度よく定量する
③個体毎に固有な糖セラミドの分子種を特定する




ヒト皮膚セラミドの定性分析法を発展させ、糖セラミド類の定量と分子種別モニタリングを同時にできる技術を開発した。
順相液体クロマトグラフ/エレクトロスプレーイオン化-質量分析法
(LC/ESI-MS)

食品(例えばりんご、蒟蒻)ごとに
・何種類の糖セラミドが含まれているか
・どのような分子量(分子種)で構成されているか

個々に特徴づけることができるようになった。
       ⇩
・地域資源等をターゲットとした新規セラミド素材の発掘に貢献
・機能性食品等への開発利用


  • 北海道東北
    北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
  • 関東
    茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川 山梨県
  • 甲信越・北陸地区
    新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県
  • 東海
    愛知県 岐阜県 静岡県 三重県
  • 近畿
    大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山
  • 中国
    鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
  • 四国
    徳島県 香川県 愛媛県 高知県
  • 九州
    福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島 沖縄県
Copyright (c) 2014 Yukiguni Aguri Co., Ltd. All rights reserved.